YouTube

youtube用の撮影をしてみて

youtuberになりたくて日常や旅先を撮影してみました。

帰宅後にPCで動画を見ていると撮影の下手さに驚きます。

ただ撮影しているだけでなんの意図もない映像です。

ただ撮影するのではなく撮影する前の準備が大事だと思いました。

撮影する前の準備

絵コンテ・台本

撮影をする前はある程度の絵コンテ・台本が必要だと思います。

なにもプロの現場のような絵コンテ・台本ではなくおおまかな内容のモノです。

それがあるだけでも撮影の内容が変わってきます。

作業がはかどります。

マホ用三脚

私はスマホを手で撮影しています。

手で撮影するのはバリエーションの限界があります。

固定できるかできないかの差は大きいです。

そこで必要なのがスマホ用三脚です。

三脚がくねくね変形するものがおススメです。

色んな場所で使えて固定できます。


初心者は上記の2点から始めるのが無難かと思います。

ほかにもマイク、照明などyoutubeのスマホ撮影用の商品が安価で売っています。

今では素人でも簡単に手に入る時代です。

カメラ、音声、照明、を一人でこなすことは一人でテレビ局をやっているみたいなものです。

youtuberのすごいところ

youtuberになりたくて試行錯誤していますがやっぱりyoutuberの人は

ほんとにすごいと実感します。

時間がない

正直これに尽きます。

兼業youtuberはなかなか時間が確保できません。

日常を撮影するyoutuberの方もいますが、その撮影ですら時間がかかります。

撮影は思ったより

・難しい

・面倒くさい

・時間がかかる

以上の3つが挙げられます。

言い訳ばかりですがやりながら学んでいきたいと思います。

編集に時間がかかる

あの有名なyoutuberのHIKAKINさんさえ10分の動画に6時間編集をかけているそうです。

裏ではそれほど時間をかけて努力しているのがわかります。

メンタルが強くなる

顔出しyoutuberのメンタルは強いと思います。

なかにはコメントで誹謗中傷もあるかもしれません。

大学生でyoutuberをやっている人も最近はよくみかけますが、

メンタルが強いなと思います。若い時の自分ではネットの世界に顔出しなんて

100%無理でした。しかし、今はネットの時代。顔出しは普通のことかなと最近思います。

顔出ししたり、部屋を移したり、近場を移したりすると、身バレして住所が推測される

可能性もあります。しかし、住所を特定される人はもう既にyoutubeで稼いでいる人なはずです。

最後に

始める前からデメリットばかり見ていても何も先には進みません。

自分の長所を伸ばすように、自分の長所を起点に物事を考えれば人生良い方向に進むかも。

おまけ

講演家youtuber鴨頭さんの言葉に感銘を受けたので紹介します。

「キィリアプランなんかいらない

将来のことなんて誰にもわからない。

今目の前のことを全力で取り組めば

相応のキャリアが向こうからやってくる。」

以上です。

ありがとうございました。

毎日更新完了‼