独り言

夜行バスの乗り心地はどうなの?

夜行バスって初めての方はわりかし不安なこともあると思います。

中でも一番気になるのは乗り心地ではないでしょうか。

今回私は広島駅から大阪難波までの夜行バスを利用したのでその詳細と乗り心地をまとめます。

利用したバス会社

JAMJAMライナー

今回私が利用したバス会社はJAMJAMライナーという会社です。初めて聞いたバス会社でしたが値段が一番安かったので利用することにしました。

利用代金

日ごとで値段が変わってきますが私の場合は片道2500円でした。大体この値段が夜行バスの相場だと考えていいと思います。

所要時間

22:10集合→22:15発広島駅南口~5:30難波 休憩2時間

休憩も含まれているのでバスに乗っている時間は5時間45分になります。規制が厳しくなっているのか以外にも休憩時間が長いことに驚きました。

乗車人数

大型バスでしたが利用人数は12名ほどでした。なので知らない人同士が隣同士にならなかったことにホッとしました。乗車時間が長いほどここは大事なポイントになってきます。

どんなバスなの?

片道2500円と安い料金だったためバスのグレード自体を気にしていましたが、実際は大型バスかつ奇麗なバスで見た目も豪華なバスでした。バス下にはキャリーケースが預けられる大型バスで中も広々とした空間でした。

足を延ばせるグレードではありませんが値段の割に十分といったところで、中央にトイレもあったので尿意の心配もクリアです。

乗り心地はどうなの?

肝心の乗り心地ですが個人的は悪くはありません。隣は誰も乗っておらず精神的にも気を遣うことがなかったのが大きかったです。。乗り心地というよりはまずはメンタル面がクリアでした。5時間以上も知らない同士が隣同士って考えるだけでも疲れますよね。

座った時、背もたれが直角だったので倒さないと寝ることは難しくなります。後ろに人がいる場合は声掛けが必要にはなりますが、私は無理して声掛けは必要ないかなとは個人的に思っています。「だって全員席たおすでしょ」と思うからです。つまりお互い様です。

寝れるのか?

今回私が乗ったバスの中にいびきをかいている人がいました。それも相当大きないびきでした。乗り心地は良くてもこういう騒音で寝れなくなることも考えておいて耳栓を持って行ったほうが無難でしょう。

広島から大阪間のバスは2時間くらいは寝ることができました。気にしぃの私でも2時間は寝れたのは意外でした。たぶん一睡もできないと思っていましたから。

大阪から広島間の帰りのバスはずーっと寝ていました。めっちゃ疲れていたのもあって一瞬で広島に到着しました。体感としては1時間しか乗っていない感覚で「もう着いたの?」とさえ思いました。