独り言

手取り19万は幸せなのか

Twitterのトレンドで「手取り14万円」が話題になりました。

「勤続12年で手取り14万、日本終わってますよね?」

と書き込みがされ議論が起きました。

日本が悪いのか、会社が悪いのか、自分が悪いのか。

インフルエンサーと言われる人たちの意見は

「行動しなかったあなたが悪い」という意見が多いです。

堀江貴文氏の意見はまさにこのような見解です。

確かに説得力があり、納得できる部分が多いです。

そもそも手取り14万では幸せにくらしていけないのでしょうか。

確かに少ない給料であり、バイトのような給料ではあります。

しかし、手取り14万でも暮らせている人はいると思います。

贅沢はできませんが。

手取り14万が話題になりましたが、

かくゆう、私の手取りもさほど変わりません。

手取り19万円です。

実際に手取り19万円で暮らしてみてどうのような生活なのか、

果たして幸せに暮らしているのか書いていきたいと思います。

内訳

手取り19万の目安の内訳です。

※私の感覚の大まかな計算です。

①家賃3万

②保険(車、掛け捨て)8,000円

③光熱費(ガス、水道、電気合わして)1万円

④通信費5,000円

⑤ガソリン(月2回)6,000円

⑥食費3万円

⑦奨学金1万5千円

⑧雑費、交際費、娯楽費2万円

合計12,4000円のが固定費が毎月かかります。

手元に残る自由なお金は6、6000円です。

上記の計算通りにはいかない時もあるので6万円が手元に残ると考えるべきでしょうか。

これが、手取り19万円の目安の内訳です。

6万円を多いか、少ないか、皆さんはどう感じるでしょうか。

田舎or都会

手取り19万円を少なく感じるが多数だと思います。

しかし、それは都会に限った話であります。

田舎といっても田んぼばかりあるのではありません。

都道府県の3、4番目の大きさの市や町での「手取り19万円」は

それなりの生活、いわゆる普通の暮らしができます。

家賃の差

まず家賃の差が大きいです。

手取り19万円で都会で暮らす場合は住む場所のレベルを下げ、

生活レベルも下げなければなりません。

手取り19万円で田舎で暮らす場合はそれなりに広い部屋に住めます。

駐車料金の差

駐車場に1万円かかる街が都会には存在します。

田舎ではありえません。平均3,000円といったところでしょうか。

都会で不要で、田舎で必要

しかし田舎で暮らすデメリットがあります。

田舎は「」が必要不可欠ということがあります。

どこへ移動するにも車が必要になってしまいます。

また、車は維持費がかかります。(ガソリン代、車検など)

都会では公共機関が充実しているので車が必要ない場合もあります。

最後に「手取り19万で幸せなのか」

Q 手取り19万円は幸せなのか?

A 田舎では幸せに暮らせます。

結局は住む環境が違うと大きく生活は変わってきます。

手取りどうこう気にするのではなく、

手取りに合った暮らしができているのかが、

幸せに暮らせるポイントなのかもしれません。

毎日更新完了‼