YouTube

ルーティーン(日常)系YouTuber

前回はハムスター系YouTuberについて考察してみましたが、

今回はルーティーン系YouTuberについて考察したいと思います。

誰でもできる「ルーティーン系YouTuber」

毎日の日常をUPするだけで数万再生を記録する。

人の生活を覗き見るような感覚があるのでウケているのだろう。

しかし、あそこまで日常をさらすことに抵抗感はないのだろうかと思うが

今はそこの疑問は置いておこう。

ルーティーン系YouTuberと言いやすいのでそう呼んでいるが、

ただただ日常をUPしている。

はじめ視聴したとき「何が面白い」のか全く分からなかったが今では分かる。

日常は誰しも日々過ごしていてそれが共感されやすいのだろう。

たとえば次のYouTuberは最高に面白く筆者もファンになった。

パーカー / 大学生の日常

チャンネル登録者数3.31万人

最高視聴回数16万再生

大学生の日常などを投稿しているぼっち系YouTuberさんだ。

ぼっち系YouTuber・・・まず需要があることに驚いた。

登録者数も3万人越えで共感する人が多いのだろう。

今では常時1万再生以上を記録しているので人気があるのだろう。

視聴者のファンの方からもパーカーなど贈り物をもらえることもあるそうだ。

ぼっち系YouTuber恐るべし。

しかし「ぼっち」という一つの理由で面白い訳ではたさそうです。

・投稿者のパーカーさんは独特のキャラで面白い。

・淡々と喋っていてテンポがよくて心地よい

・飾っていないキャラが親近感があるので親しみやすい。

・編集も見ていて飽きないので見やすい。

・しゃべる内容がクスッと笑える(筆者は大爆笑が多い)

このように面白い要素がたくさんあるのでこれだけ楽しめるのだろう。

「ぼっちで〇〇行ってみた」シリーズは最高に面白く、

ぼっちだけど行動力があるなと感心する。

20歳の大学生だが自分をしっかり持っていて筆者もこうなりたいと少し羨ましくも思った。

ぼっちで嫌なことはあるがそれらをすべて受け入れて楽しんでいるようにも見える。

工場勤務女子、工場勤務の男子の日常系YouTuber

このたぐいのYouTuberも増えてきた気がする。

工場勤務は全国に勤めている人が多いので需要があるのだろう。

別に工場勤務を下に見ている訳ではないが、少し優越感に浸ってしまう部分もある。

それも狙いなのかもしれない。

女性の日常系YouTuber

正直これは男子の需要が大きすぎる気がする。

以上です。

まとめ

最後の方がざっくりしましたが1000字超えたかったので強引に増やしました。(笑)

正直パーカーさんを紹介したかっただけでもあります。

大学生の日常でもこれだけ楽しめるのかと感心した私の最近の日々でした。

ぜひみなさんもルーティーン系(日常)YouTuberをやってみてはいかがでしょうか。

思ったより世間は他人が気になるようです。

毎日更新完了‼