独り言

親の教えはどこまで正しいのか

この記事を書いてる私は独身で子供もいないので

親の気持ちは分かりません。

それでも30歳という大人の年齢になってみての

親の気持ちを推測して書いていきます。

30歳になってみても自分は立派な大人だとは1ミリも思わない

20歳になると大人の仲間入りです。

30歳になるともう世間でいうおっさん、おじさんの類に入るでしょうか。

アラサーはもう立派な大人の年齢と言えます。

30歳という年齢になってみても

若いうちに思い描いていた「こうなっているだろう」という

”立派な大人”には程遠い現在を過ごしています。

立派な大人とは※推測

①稼いでいる

②社交性がある

③家庭があり子供を養っている

でしょうか。価値観は人それぞれなのであくまで一例です。

私も学生の頃は「こうなっているだろう」と思い描いていました。

理想と現実

しかし現実は年収300万、独身、社交性なしの大人のままで

全然変わらず現実の厳しさを知った30歳の年です。

理想と現実の差をはまさにこのことで、まさか30歳になってもこんなに自分に

自信がなくて、行動できない人間のままだとは思いませんでした。

大人は思っている以上に大人ではないと思う

子供の頃、学生の頃の大人と言えば

The”しっかりして頼りがいがある”のようなイメージでした。

しかし30歳という大人の年齢になってみても

考え方や性格はあまり変わらずです。

なので大人はそれほど大したことないのかなと。

推測ですがそのような大人の方も多いのではないでしょうか。

大人の年齢だけど中身がすっからかんの状態だなぁ~と感じている方が。

だから親の教えは全て正しい訳ではないと思う

子供の頃の行儀や、マナーはしつけで

これは社会で生きていく上での最低限のルールで

親から教えてもらうこともたくさんあります。(これだけでも有難いことですが)

しかし、一つだけ親の教えが正しい訳ではなかったと思うところがあります。

それは”良い会社”に就職すること

良い大学行き→良い会社に行く。

この親の教えは絶対に正しく幸せになれると思い込んでいました。

しかし世の中ではやりたくもない仕事で鬱になって自殺したり、

消耗してやりたことをやる体力もなく、自分の時間もてない人が多くいると思います。

良い会社に行けば幸せになれる訳ではないと30歳になって知りました。

ならどう親に言われたかったのか?→「やりたいことをやりまくれ

やりたいことをとにかくやれという思考を教えて欲しかったなぁと思います。

自分の人生なので、自分の好きなように生きる。

これだけで充分の幸せになれるはずです。

誰かに迷惑かけず、法律に触れなければ、何をやっても良いかと思います。

まぁ親のせいにしてる時点でダメだけどね

急に話は変わりますが。

親の教えを鵜呑みにして、自分で考えることを放棄して

やりたいことから目を背けている時点で自分の責任なので親のせいにしてる時点で

ダメ人間ですけどね。

親がどうこう書いてきましたが、親は最低限の道筋、レールは教えてくれていたと

思うので感謝してます。