独り言

歯は健康に~歯周病予防~

みなさんは歯の健康をどれだけ意識して生活していますか?

歯の健康を意識することは非常に大切です。

歯の健康=体の健康

「歯の健康は体の健康を表している」

これはよく知られている話です。

まず歯は全身と繋がっています。

歯が健康でないと体の健康に影響し、大病にかかる可能性があります。

歯から病気が派生していくような感覚です。

なので歯の健康は想像以上に大切です。

そして、歯の健康を損なう病気として一般的に知られているのは歯周病です。

歯周病とは

歯周病とは歯を支えている歯肉などを破壊する病気で歯が抜けてしまいます。

歯周病は国民病と言われています。

歯に気を遣っていないと誰でもなる可能性があります。

歯周病になると菌が歯から血流にながれて各臓器に悪影響を及ぼしてしまいます。

なので歯周病は毎日の歯のケアで予防しなければなりません。

歯周病予防

① 歯磨きの徹底

まず基本的なことで歯磨きの正しいやり方を知ることです。

歯周病を意識した正しい歯磨きのやり方(システマさんより)

上記で歯磨きのやり方を知ったら今すぐ始めましょう。

② 毎日の糸ようじ

先日歯医者に行ってきました。

医者から「歯茎がぶよぶよになってるよ」と言われました。

このままでは歯周病にかかってしまうそうです。

歯周病の原因は歯の隙間の汚れです。

歯の隙間の汚れは歯磨きではどうしても除去できないません。

それを除去するためにすることが毎日の糸ようじです。

これは歯医者の先生から強く勧められたので間違いありません。

糸ようじは毎日やるべきなのです。

毎日したら歯が歯肉が痛む、血が出るなど毎日の糸ようじは

良くないと思っていました。

しかし、歯の隙間の汚れは毎日除去して歯周病予防しなければなりません。

③よく噛んで食べる

よく噛んでたべることには歯の健康を維持するためには大切です。

そしてメリットがたくさんあります。

歯周病予防

・肥満防止

・味覚発達

・消化を助ける

よく噛んで食べることは歯周病の予防にもなります。

歯磨きの時間

歯磨きをする時間は正確には決まっていません。

時間をかけても綺麗に磨けてなければ意味がないからです。

短い時間でも「どれだけ綺麗に磨けたか」が大切です。

朝、晩は必ずやりましょう。

歯ブラシの交換頻度

歯ブラシの効果頻度は1ヶ月に1回の交換が必要です。

「毛先が広がってないからまだ大丈夫」

と考えて1ヶ月以上使用している人の場合は注意が必要です。

しかし、毛先が広がっていなくても歯ブラシは1ヶ月に1回は交換したほうがよさそうです。

毛先が広がっていなくても交換した方が良い理由

①歯ブラシに菌が付着している

②歯ブラシ特有の毛先の弾力は失われ歯肉を痛めやすくなる

③毛数が減り、汚れを落としにくくなる

ことが挙げられます。

なので毛先が広がっていなくても1ヶ月に1回の交換は必要です。

歯医者の定期検診は

歯の定期検診は

3ヶ月に1回半年に1回です。

1年に1回しか行かない人がいる場合は注意が必要です。

なぜなら歯の病気は進行が速いからです。

防げる病気も防げなくなります。

なので定期検診は3ヶ月、半年に1回は診てもらうようにしましょう。

最後に

歯周病予防は誰でもかかる国民病です。

年をとっても自分の歯でありたいものです。

毎日更新完了‼