仕事

派遣の寮付きってどんな感じ?

派遣の寮付きの仕事って魅力的に感じることがあると思います。今現在私は派遣の寮に入って2週間が経過しようとしています。そこで今回は派遣の寮の住み心地など思いつく限りを記録していきます。

派遣の寮付き仕事をやろうとした経緯

私は広島の田舎で働いていました。現年齢31歳まで4年間正社員の物流会社に就職していました。人間関係のいざこざで辞めることになり、次は「なんの仕事にしようか」と考えていました。

そこで目に付くのが派遣会社の魅力的な広告です。

寮費無料・月収30万

地元にも飽き飽きして、「このままここで死んでいくのは嫌だな」と思った私は思い切って都会で頑張ろうという思考になりました。

そこで選んだのは大阪の寮付きです。

派遣の寮付きの仕事が決定するまでの流れ

①まずは応募

派遣の寮付きは初めての方は不安の割合が大きくなると思います。応募の際は、勤務地や仕事内容をよく吟味して応募しましょう。

私が選んだのは大阪の電池の製造工場でここに応募した理由は「都会で楽そう、寮費無料で稼げそう」だけです。

②応募したその日に連絡があり、翌日に面接をすることに

正直受かる気しかしなった。派遣は雇えば雇うだけメリットがあるのだろうか、そんな感じはする応対だった。

大阪の派遣会社とLINEのビデオ通話でリモート面接でした。私服でなんの気負いもなく、淡々と質疑応答。ここで仕事内容の詳細を説明されるのでよく聞いておきましょう。

面接の質問される内容はいたってよくある過去の仕事の内容、前職を辞めた理由等を聞かれます。もちろん面接に不利になるような回答になる場合は個人の判断でオブラートにつつむ必要はあります。

④3日後決定の電話

3日後に採用の決定の電話がきました。かなりあっさり決まった印象でよほど問題のある言動がない限り受かるとは思います。

LINEの追加をお願いされ、その後はLINEの文面でやり取りすることに

派遣の寮を6件紹介される

ここで寮の話に戻ります。

LINEでのやり取りで寮の物件を6件紹介されました。kindleアプリで開き1件1件事細かに見ていきました。

寮といっても一般物件と同じです。期間工のような社宅物件でその会社の人しかいないという訳ではないようです。

綺麗すぎる物件

LINEで紹介された物件の中でから寮費一部負担、築5年前後で鉄筋、ネット無料、立地から1つのマンションを選びました。

寮を選ぶ基準

今回私が寮を決める際に重きおいた基準は「うるさくないか」です。引っ越してからの騒音問題が誰しも気になる処ではないでしょうか。夜勤もある派遣仕事なので昼に寝れない周辺環境だったら嫌すぎです。

そこでまずは築年数に浅い鉄筋を選びます。その後はひたすらGoogleMapで周辺環境を確認します。大阪のような交通量が多いところでは車の走行音も気になるので、目の前が交通量が多くなさそうかをひたすらチェックしていきます。

上下階や隣の住民は運次第ではありますが、必要最低限のできる下調べは大事だとは思います。

引っ越してから2週間経過

冒頭でも書いた通り今は派遣の寮で2週間経過し、この記事を書けるまで落ち着いてきました。

今のところなんも問題もなく、普通に快適に過ごせています。騒音問題も気にならいとこでホッとはしています。ただ多少は隣の生活は聞こえはしますがほぼ気になりません。

近所に徒歩1分行けるスーパーやジム、たこ焼き屋。ほんとに何も問題がありません。

寮付きの仕事はおすすめはするが1つの覚悟が必要

派遣の寮は問題なし、あとは仕事するだけです。ここまでお読みくださってありがとうございます。

基本的には「心機一転で違う土地で稼ぎたい」という方は派遣の寮付きの仕事をおすすめはします。

ただここで1つ重要なことがあります。

それは辞められないとうことです。

もし配属先に合わない人がいても、仕事が合わなくても、夜勤がきつすぎても、辞めることができないということです。

派遣の寮は法人契約で個人契約ではありません。派遣会社によってはすぐに退去するように言われることもネット記事ではよく見かけます。各派遣会社によってその辺は違ってくるとは思いますが注意必要です。

なので心に余裕を持たせるためある程度セーフティネットくらいの貯金を持ってから寮付きの仕事に挑戦することを私はお勧めはします。

どうしても派遣の仕事が合わない場合もう1回引っ越すことも想定しておきましょう。

最後に書かせて

いくら寮の住み心地がよくても仕事が合わなすぎるとどうしても仕事を辞めたくなる衝動にかられます。私が今そうだからです。私の場合、夜勤がきつ過ぎました。30超えてからの夜勤は割と体に答えます。まさに寿命を削っている感覚です。

ただ今は割り切って「稼いで貯金してここから抜け出す」みたいなカイジ的な変なモチベーションになっています。派遣からの成り上がるためにはどうすればいいかと妄想ばかりしています。

今回は私が引っ越したのは大阪です。都会には沢山の仕事があります。これは田舎では感じられなかった感覚です。あれもある、これもある、いろんな仕事に挑戦することができます。

派遣の寮付きは引っ越すための手段でもあるような気はしてきています。確かに引っ越そうと思っても無職の人には住む場所を中々提供してくれないのが現実です。なので派遣の寮付きはあくまで引っ越す手段と考えれば納得はできます。

「そこからどう頑張るか、どうやって人生豊かにしていくか、どうやって成功していくか」

最後は人生論ににはなりますがこの辺で終わりにします。