独り言

ハムスターのおおまかな飼い方

牛
ハムスターの飼い方を教えてください。
管理人
管理人
分かりました。ハムスター2匹で飼育歴4年の経験のノウハウを教えましょう。

ハムスターを知ろう

まずはじめにハムスターとはどういう生き物が知っておく必要があります。

ストレスに弱い

ハムスターは非常にストレスに弱い生き物です。

・音に敏感

・人に触られる

上記のことはなるべくしないようにしましょう。

補足:適度にスキンシップで触るのは個人の判断にお任せしますが、触り過ぎるのはやめましょう。

暑さ、寒さに弱い

ハムスターは非常に暑さ、寒さに弱い生き物です。

・夏冬対策のグッツを買うと初期費用がかかる

・エアコンで対応したら1万円超える覚悟が必要

補足:要するにハムスターを飼うのには夏冬はお金がかかります。そのことを十分理解したうえでご検討ください

ハムスターの家を準備しよう ★はおすすめ

水槽 ★★★★★

水槽がおススメです。

メリット

・ハムスターの生活音が気にならない

ハムスターを飼う際にやはり気になるのは音です。

回し車の音は大きいので水槽は防音対策になります。

・写真が綺麗に撮れる

SNSに上げたい場合、写真が綺麗に撮れます。

・高い水槽もあるが安い水槽もある

初期費用を抑えたい方は安い水槽でも広さは十分です。3000円で買える水槽もあります。

デメリット

・重たい

掃除で運ぶときに重たいです。女性は重さを考慮して買うべきでしょう。

プラスチック ★★★

メリット

・軽い

掃除で運ぶ際かるいので便利でしょう

デメリット

・意外に高い

プラスチック製品は意外に高いです。

・ハムスターの生活音が気になる

ハムスターの音が気になります。床材を歩くハムスターの足音が聞こえるモノもあります。

金網タイプ  ★

メリット

・安い

金網タイプは一昔前までは主流でしたが今ではあまりおススメできません。

デメリット

・ハムスターの死ぬ危険がある

金網に挟まって亡くなる危険性があります。

・金網を噛むので騒音になる

金網を噛む音は、大きく嫌な音なのでストレスになります。

衣装ケースなどで手作り  ★★

メリット

・カスタマイズしやすく自分好みの家が作れる

・衣装ケースは安くて広いものが多い

デメリット

・手作りは時間がかかる

ホームセンターで色々揃えなければなりません。また初期費用もかさばります。

補足:回し車、床材、給水機、砂風呂などまだハムスターの家に必要なものはあります。しかし、非常に長くなるので今回は大まかな内容とさせてください。申し訳ありません。また更新致します。

ハムスターを選ぼう

家の準備ができたらいよいよペットショップに行きましょう。

ハムスターの種類

下記の3種類がペットショップで良く売られています。

またハムスターの個体によって性格が違うので一概にもすべてそうとは言えません。

・ゴールデンハムスター

初心者でも比較的飼いやすく、懐きやすいです。

・ジャンガリアンハムスター

懐きやすいですが、よく噛む傾向があります。

・ロボロフスキーハムスター

懐くということはありません。観賞用の方におススメです。

実際に触らせてもらおう

できれば懐きやすいハムスターを選びたいはずです。

ペットショップで実際に触らして懐きやすい個体を見つけてみましょう。

こちらの動画がわかりやすいです

ハムスターと暮らそう

ハムスターを選んだら実際に暮らしましょう。

1週間は近づかない

餌と、水を用意したら

ハムスターは環境が変わったら慣れるまで1週間かかるといわれています。(個体による)

最初に驚かせてしまうと懐かなくなりやすいので気を付けましょう。

家を置く場所に注意

・テレビの近くに置かない。

・エアコンの風が直接当たるとこに置かない。

あらかじめよく考えておく必要があります。

最後に

ここまできてようやくハムスターと暮らせます。

ハムスターはストレスに弱いので気を付けることがまだたくさんあります。

しかし、飼う側もあまり気にし過ぎないことも大切です。

あとはハムスターの動きや表情に癒されてください。

終わり。

おまけ

ハムスターの知識結構あるなと実感。

まだめちゃ書けます(笑)

また明日

毎日更新完了‼