ブログ

【祝GoogleAdsense合格記念】2週間28記事で合格した話

こんにちは。consterletです。

朝9時にgoogleadsenseに応募して深夜2時に

「おめでとう~準備ができました」

と返信がありました。

意外にもあっさり審査を通ってしまいました。

「通ってしまった」

そうです、受かるはずがないと思っていました。

本人から見ても記事の質は低いです。

「誰でも受かるのかな」とか思いましたが、素直に自分を褒めることにします。

そこで今回はブロガーの皆さんの真似をして、

なぜ審査を通ることができたのか考察してみました。

本記事の内容

  • 当ブログでも受かることができたので自信もっていこう。

GoogelAdsense審査するまでにやったこと、意識したこと

やったことは一つしかありません。

「毎日更新」です。

記事数を増やすことで審査が通りやすくなると知ったので挑戦してみました。

初心者の毎日更新は苦行

仕事終わりでブログを書くというのは正直しんどいです。

疲れた脳では手が動きません。

とりあえず書いてみても低品質で「何やってるんだろう」感がハンパないです。

しかし、2万円以上の初期投資をしたので継続する意思は高かったです。

毎日更新を習慣にする

初心者は割り切って毎日更新が目的でも良いと思います。

習慣にすると書くスピードがあがり、文字数を量産できます。

Twitterで毎日更新が「目的ではダメ」とありますが、レベル高い人の意見です。

徐々に軌道修正して、徐々に記事の質を高めていけば良いだけの話です。

全ては一日一日の積み重ねです。

はじめから質にこだわると楽しくありません。逆にストレスです。

consterletは毎日更新が今では習慣というより義務感に駆られて継続できています。

毎日更新のネタ切れを防ぐためにやったこと

ブログ初めは書きたいことがあるので順調の人も多いはずですが、

1週間も過ぎれば気持ちが萎えてきて、ネタも見当たらなくなります。

consterlet的にネタ切れを防ぐために実践してみて有効だったことを書きます。

  1. メモをとる(Twitterで発信)
  2. 縛りを作らず、いろんな分野を書いてみる
  3. 引用元も結構使う
  4. 日記を書く(2記事)
  5. 生意気コラムなど迷走記事も書いた

①メモをとる(Twitterで発信)

やはり有効です。些細なこと、気になったことをメモするだけで

仕事終わりのブログでもスピード感が全然違います。

②縛りを作らず、いろんな分野を書いてみる

consterletはこれを結構意識して書いていました。書くことがなさすぎるからです。

賃貸、仕事、お金、女性ボーカル、筋トレ、日記、思考法

ジャンル多すぎてカテゴリーめちゃ増えます。

これも継続するための手段なのでお構いなしです。

③④⑤はまとめて

引用元を使うと審査が受かりにくいと聞きますが、実際受かったので

あまり心配する必要はないでしょう。

日記など読者目線になっていない記事があると受かりにくいと聞きますが、

28記事中2記事程度なら大丈夫でしょう。


審査を通るために記事数を増やすことは1つの手段です。

最低限の内容、見やすさの質は必要にはなりますが、楽しむことをお忘れなく。

 毎日更新を習慣にしてしまえば手を動かすだけで書きたいことが見えてくることもあります。

そこで習慣にするために、書き方や意識することをまとめてみました。

書き方

①1000文字以上書く

②「キーワード」を意識して書く

②本音で書く

③熱量があることを書く

④とりあえず書く

⑤日々感じたことを書く

⑥過去の辛かったことを書く

⑦過去の自分自身の悩みを解決するように書く

意識したこと

①高い質を求めない

②質が低い記事でも公開して後で直せば良しとした

③日に日に見やすさを意識

④とりあえずやってみることを頭に置いて、手を動かす

⑤1日微々たる成長でも意味がある

⑥ただ情報を載せるだけでは面白くない

⑦他サイトに似たような内容は意味がない

⑧自分を見つめ直す

⑨独自性を出す

⑩継続することが一番大事

最後に

「googleadsenseの審査に通るために」

をテーマに書いてきましたが、方向がかなりズレてしまいました。

申し訳ありません。

最後に、もう一度言いますが当ブログの質はまだ高くありません。

しかしgoogleadsenseを通過することができました。

なぜ通過できたのかを要約すると

最低限の質をクリアした上で、熱量や独自性ある記事を書く

以上です。

ぜひ参考にしてみてください。

おまけ

思ってた記事の内容と違う。実力不足でした。

また明日。